お金の基礎知識

【宝くじvs株式投資】ギャンブルなのは宝くじ!

 

こんにちは!ナミ@初心者投資家です。

 

私は、山崎元さんの「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」という本を読むまで、このように考えていました。

  • 株=ギャンブル
  • 宝くじ=一攫千金、夢がある

 

私は毎週のようにLOTOを買い、季節ごとに宝くじを買っていました。

いずれ大金を手にするために必要な行為だと信じて疑っていませんでしたが、この本を読むまで誰も、宝くじは必ず【購入金額>当選金額】となる、いわゆるマイナスサムゲームであることを教えてくれなかったんです。

 

きっと私の周りの大人たちも、そういう知識が無かったのでしょう。以前から思っていますが、金融知識が低いと意味の無いモノにお金を使ってしまうので本当に危険ですね。

 

宝くじ=マイナスサムゲーム

 

マイナスサムゲームとはつまり、参加者の投資額の総額よりも、参加者が実際に手にする賞金の総額の方が低いものを指します。

競馬、パチンコ、そして宝くじがこれに当たります。

 

参加1回目で当選を勝ち取れれば真の勝者ですが、負けを重ねれば重ねるほどお金は減っていく構図です。

宝くじは還元率が低い

 

集めたお金を当選金として購入者に払い戻す割合を、還元率という数字を使って表現します。

 

宝くじの場合、その数字は47%と言われています。

 

つまり、全体の購入金額の半分以上を、胴元(賭博の主催者)である国が税金としてお金を持っていくんです。

 

ちなみに、パチンコやスロットの還元率は80%~85%ほど、競馬は約70%と言われていますので、いかに宝くじが”負ける”ギャンブルなのかが分かります。

日本の宝くじの還元率は、世界的にみても最低限の水準ともいわれています。

 

 

ナミ
ナミ
つまり、そもそも宝くじは手元のお金が減る構造なんですね。

 

招き猫のノアちゃんも、さすがに1,000万分の1の確率をもたらすのは難しいかな💦

 

宝くじの1等が当選する確率は?

 

宝くじを買う人がみんな夢見る1等の当選確率は0.0000001 %、つまり1000万分の1。

同じ確率と言われているのが、

  • 1年間で航空機事故で死ぬ
  • 1年間で車にはねられて死ぬ確率の、さらに1/300
  • 1年間で落雷が原因で死ぬ

 

ナミ
ナミ
比較対象が全部死ぬシチュエーションでごめんなさいっ(笑)

 

ちなみに、年末ジャンボ宝くじの場合、当選確率はさらにその半分の2000万分の1と言われています。

これではもう、当選する気がしません(笑)

 

みんなどのくらい宝くじに投資する?

 

購入者の宝くじの平均購入金額は、数年前の統計で26,650円。

そのうちおよそ半額は国に納めていることになりますので、つまりは13,500円を日本政府に寄付をし、残り13,500円で賭けの参加権を買っていると言えます。

 

本当に【株=ギャンブル】なのか?

 

2010年の年末あたりの日経平均株価は、おおよそ10,000円でした。

現在ではそれが20,000円ほどになっていますので、長期で単純に考えると2倍ほどに価値が上がっていることになります。

 

 

完全に運勝負の宝くじと違い、株式投資は銘柄やタイミングの見極めなど、運以外の要素でも左右されます。

言い換えれば、基本を押さえれば株でお金を増やせる確率は宝くじより高いと言えるでしょう。

 

ここでいう”基本”とは、先日のセミナーでも学んだこの3原則です。

  1. 長期で運用する
  2. リスクを分散させる
  3. 余剰資金で運用する

 

ただし、株も投資信託も必ず儲かるものでは絶対にありません

銀行員やファイナンシャルプランナーにおすすめされた商品を、そのまま鵜呑みにして投資するのは大変危険です。

 

 

まとめ

 

経済も宝くじも、先を読めないとこは同じですが、経済は情報収集をして分析し、予測を立てることが可能です。リーマンショックなどの不況にも何度も直面しましたが、経済は浮き沈みを繰り返しながらも発展を続けています。

 

冒頭でご紹介した還元率も、株式投資の場合105%前後と言われています。もちろん単なる平均値で、みんながプラスになるわけではなく、マイナスになる人ももちろんいますが。

 

0に等しい確率にかけてお金を費やすよりも、株式投資にトライする方がはるかにお金を増やすことにつながります。

 

ナミ
ナミ
もちろん、エンターテイメントとして宝くじを楽しむことは全く問題ないと思います。かつての私のような、宝くじの本当の仕組みを理解しないまま、お金を増やしたい気持ちで宝くじを買うという間違った行動をとる人が減ると嬉しいです。

 

先日読んだ、有名な投資家の村上世彰氏の著書でも、宝くじは他の公営ギャンブルなどと比較しても極端に期待値の低い手法だから手を出さない、とされていました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。